門久由賀里「南十字星へのプレリュード あらすじ紹介」


_20180916_071758.JPG

最近はいきなり涼しくなりましたね。

身体に優しい気候なのですが、夏とお別れするのが寂しいです。

さて11月公演の稽古スケジュールも出まして心の準備をしている門久由賀里(かどひさゆかり)です。

観に行くよとの応援も頂き、身の引き締まる感もあります。(え?ただ緊張しているだけ?)

とにかく公演に参加できることがうれしい今日この頃です。

ありがとうございます。
(*・∀・*)ノ

舞台『南十字星へのプレリュード』
日本アルゼンチン外交樹立120周年記念作品

-あらすじ-

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの特別区ラ・ボカで育ったマルタ(長女)、アナ(次女)、エバ(三女)、マリア(四女)のロペス家の四姉妹
エバは父レオポルドと共に暮らしていたが、他の姉妹たちはそれぞれの道を歩み、長年バラバラな人生を送っていた
そんな時、男手ひとつで四姉妹を育てて来たレオポルドが余命宣告を受け、四姉妹がロペス家に集まってくることになる

父と大喧嘩をして家を飛び出し、その後、国民的歌姫となったアナは、18年振りの帰郷。しかし、ある想いから中々父に会う事が出来ない
そして、他の姉妹たちもまた、それぞれの問題を抱えていた

—-かつて、南十字星は航海士たちの道標だった
アナの唄声であの星のように皆を明るく照らしておくれ

【日時】
11/1(木)18:30
11/2(金)18:30
11/3(土)14:00 18:00
11/4(日)12:30 16:00
※開場は開演の30分前です

【場所】
三越劇場(日本橋三越本店 本館6階)
〒103-8001 中央区日本橋室町1-4-1
・「三越前駅」1分 (銀座線、半蔵門線)
・「日本橋駅」5分 ※C1出口 (東西線)
・「日本橋駅」5分 (浅草線)
・「新日本橋駅」7分(JR)
・「東京駅」10分 ※日本橋口(JR)

【チケット料金】
S席 8000円
A席 6000円
B席 4000円

主演: 冴木杏奈
原作・製作総指揮: 倉科遼
脚本・演出: 高梨由
製作: フリーハンド/オフィスケイ

予約は始まっております。
みなさまぜひご来場ください。
o(*⌒―⌒*)o

Comments are closed.